日本についてヒトラーの予言

第一次世界大戦が終結し経済恐慌に陥ったドイツ帝国に現れた指導者ヒトラーは、ユダヤ民族を弾圧し悪魔と称された一方で、軍略の天才とも呼ばれるほど稀にみる発想を持っていた。

太平洋戦争の開戦前に、ヒトラーは、日本について、こうなるであろうという発言を残していた。
それを想像力のたまものと捉えることもできるが、予言と捉えることもできるのではないか。

5つの予言のうち、3つは、実現している。

その1:「日本は、アメリカを攻撃し開戦する。」と判断していた。
やがて、日本は、ハワイを奇襲し、アメリカが太平洋戦争に参戦するきっかけとなった。

その2:「ユダヤ人の武器が、日本を破壊する。」
ユダヤ人であったアインシュタインの発明とされる核爆弾が日本に投下された。

その3:「人類は月に降り立つ」
日本人が、月面に降り立つ日が、やがて来るというのであろうか。

その4:「ロボット技術が発展し、産業を支える」

その5:「日本は、海面が上昇するために、海に沈む」
温暖化による海面上昇を予言したものなのか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA